« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

白い抜け殻

160831_2

1608311
まるで魂を抜かれたような、白いエビの抜け殻。
 
やがてそれは自らの餌となり、いずれまた脱皮する。
 
おそらく命尽きるまで、その脱皮は終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低空にかかるもやもやっとした雲

160830

こんな雲は珍しいなぁと思いながら、
 
朝の通勤途中、晴海橋より北を望む。
 
本来なら右奥に見えるはずの
 
東京スカイツリーもその輪郭さえなく、
 
この雲に消されたようだ。
 
さて、明朝はどんな風景が広がるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず手に取ってしまった、ペットボトル入りのお酒

160829

どう見ても、見かけはジュース…いや、これは大人のジュースだ(笑)
 
普段、家ではお酒をほとんど飲まないのに、
 
家まで連れてきてしまったサングリアの小さなペットボトル。
 
さて、いつ味見することになることやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きろ!伸びろ!

160828

買い求めると、二度三度美味しい豆苗!
 
今回も、二回目のニョキニョキがいい感じになってきました。
 
ひょろひょろではありますが、命をぐんぐん伸ばしてくれて、
 
二回目の命、そろそろいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すぐそこにある知らない街

160827

いつも歩いているところからふっと一本道を入る。
 
ここは?
 
全く知らない街に紛れ込んでしまったようだ。
 
見知らぬ空間を少しきょろきょろしながら、
 
自分にとっての異空間を心身で感じる。
 
このところ、散歩が足りてなかったんだな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩夏

160826

夕暮れ。ああ、夏も終わりだなという空。そして虫の声。
 
今年は台風の来るのが遅く、
 
そういうときはまとめてドカーンと来る!
 
というのは、どうやら間違いではないらしい。
 
季節の終わりをもの悲しく思っていられるのも、今のうちかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耐久性

160825

昨今の猛烈な風雨を見るにつけ、
 
こういった建物の方が、
 
木にがっちり守られて強そうな気がする。
 
…気がするだけかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酸辣湯麺といえば…

160824

時折無性に食べたくなる酸辣湯麺。
 
その文字にひかれて、
 
都内某所でいただいたのはそれなりに美味しかったけれど、
 
やっぱり、酸辣湯麺といえば…例のお店のが食べたいよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何事もなかったかのように…

160823

1608231
あれだけの台風が吹き荒れた後でも、
 
ビルはちゃんと立っているし(そうでないと困るけど)、
 
木々はぶっ倒れていないし(そうそう倒れちゃいかんが)、
 
せいぜいぶっ壊れたビニール傘の死骸が散らばっているぐらい。
 
ただ、台風は見事に人払いしてしまったよう。
 
ターミナル以外の人気は見事に失せて、
 
どこもかしこも静かな街になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたお世話になった「ぐるぐる整体池袋」

160822

本当は定期的に通う方がいいのはわかっているのだけど、
いつも、ギリギリになって、駆け込み寺にしてしまう
 
腰と首・肩こりはいつものパターンながら、
今回は右肩付け根肩甲骨あたりがもう1ヵ月以上痛いままで、
セルフであれこれ試したものの、どうにもならずついにSOS発信。
 
今回は100分じっくりやってもらって、なんとかしてもらいました。
 
ここの施術師・荒木さん(写真左)が古くからのIT系での知り合いで、
場所が池袋駅すぐで家から近く、比較的リーズナブル、
ネットで空き状況を確認してさくっと予約できるところがグッド。
 
いわゆるバキバキ系、もみもみ系ではなく、
ツボをとらえて指一本をぐるぐるさせて血行を良くする整体。
私も最初は半信半疑だったけれど、
その効果が比較的すぐに出て長続きするので
ここ数年お世話になっています。
 
基本は口コミだけど、常連の方もぼちぼち増えている様子。
プロのスポーツ選手や歌、吹奏楽系の方もいらっしゃるようで、
知る人ぞ知る、というところらしい。
 
他じゃどうにもならなくって…という方、
一度お気軽におたずねください。
 
※写真は施術後、ホッとしたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールドラッシュ!(笑)

160821

メダルラッシュで沸きに沸いたオリンピックも残りわずか。
 
今頃になって、こんなビール(もどき)をスーパーで見つけた。
 
想定していたよりはるかに多い日本のメダル獲得数。
 
予測してたのかな?それとも、期待を込めて、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世の終わり、そして、始まり

160820

1608201
天気図を見れば説明のつく空模様。
 
でも、
 
こんな空を見ていると、
 
いよいよこの世も終わりかな、
 
新しい世が始まるのかな、
 
と思ってしまう。
 
季節の変わり目っていつもそうじゃない?
 
うん、そうなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の隙間を行く

160819

雨雲が元気すぎて困ってしまう一日。
 
雷雲まで引き連れて派手にやらかしてくれた。
 
そんな雲が途切れた瞬間を狙って家路につく。
 
ありがたいことに、一回も傘を広げることなく帰宅。
 
それもこれも、雨雲レーダーなるもののおかげ。
 
雨雲の動きの予報もばっちりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年以上前の記憶がふっとよみがえる

160818

1608181
 
1608182
その駅に降りた途端、ふと、「あのお店に行きたい」と思った。
 
20年以上も前の記憶。しかも、
その時はクルマに乗せてもらってきたので、
正確な場所や距離がわからない。
でも、あのお店にもう一度行きたい。
もう一度、あのコーヒーが飲みたい。
 
今もあるのかどうかわからない。
けれど、もし運が良ければ…そう思いながら、
とにかく記憶している方角に歩く。
 
この道沿いにあったはず…だけど、
その店はなかなか見つからない。
似たような店構えのところをちらちら見ながら、
もうなくなってしまったのだろうか、と
あきらめかけた瞬間、
あの頃と同じ風景が目に入った。
 
ああ、ここだ…。
変わらないカウンター。変わらないマスター。
珈琲豆を入れた瓶がずらりと並んでいる。
これもあの頃と同じだ。
 
あの時と同じ「キューバ」をお願いした。
お腹もすいたのでトーストも。
そして、もう一杯、「タンザニア」の深煎りの方を。
 
一杯一杯とても丁寧に淹れていただくコーヒー。
その味もなつかしすぎて、うまく言葉が出ない。
 
帰り際になって、ようやく、
「20年ぶりぐらいに来ました、とてもなつかしくて…」
とマスターに声をかけた。
 
「転居されていたのですか?」
 
「いえ、その時は人に連れてきてもらったので。
やっと見つけました」
 
「そうでしたか。うちもこんな変なところでずっとやってますから…。
それにいても、よくいらっしゃいました」
 
「本当にごちそうさまでした。また来ます」
 
きちんと言い終わらないうちに涙があふれてきて、
そんな自分がみっともなくて、慌てて表に出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Dear Earth」写真展

160817

高砂淳二さんの写真展「Dear Earth」初日、見に行ってきました。
 
自然の織りなす圧倒的な写真の数々と、それをぐっと引き立てるサウンドと。
 
心が震え、涙腺が決壊するとは、まさにこのことかな…と。
 
Nature Sound Artistで、
今回のスライドショー上映の音楽を手がけられた
ジョー奥田さんとも、何年振りかの再会。
今は住まいをハワイに移されていて、
今回はこの写真展に合わせて1週間ほど日本に滞在とのこと。
お互い元気であることを確認できただけでも良かったかな。
 
この写真展、新宿の高野フルーツパーラーのあるビルの4F、
コニカミノルタプラザで9/5まで開催、入場無料。
 
おすすめです。
 
きっと私も、また足を運ぶことになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナンパされたらしい…

160816

あっ、なんか来た!
 
もうその気配だけでわかるぐらいになった。
 
黒い肌の大きめの兄ちゃんが帰宅途中の私に声をかける。
 
「ちょっといいですか?」
 
「ん?」
 
チラリと相手の顔を見る。
 
「あのぉ、どこ行きますか?」
 
またこのパターンか…。よく聞く片言の日本語。
 
「家に帰るところ」と日本語で言えばいいところ、
 
つい、英語で答えてしまうのが私の悪い癖。
 
「じゃ、ぼくも…」
 
はぁ?無視してエスカレーターの右側を駆け上がる。
 
しかし、この人、ぴったり後ろをついてくる。
 
「着いていきますから、仕事辞めて着いていきます」
「ネイムカード渡します。受け取ってください」
「友達になってください…」
 
何かしつこいやつやなぁ、もう、面倒くさい。
 
「家で娘が待ってますから」またしてもこれを英語で言ってしまう。
 
「ドーター?Oh、娘さん、カワイイね。仲良くしますから」
「友達なら問題ないね?友達、なりましょう」
 
ああ、もうイラッとするぅ…。
 
「急いでますから」
 
「友達ぐらいいいでしょ?友達に…」
 
ここでもう振り切る。
 
「今度会ったら、絶対友達ね、お願い」
 
最後まで懲りないやつだなぁ。
 
それにしても、こういうの、久しぶりだった。
 
何が引き寄せたのやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押すな、ってば…

160815

押すな、押すな、ってば…そんな声が聞こえてきたような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あせてゆく赤・・・晩夏

160814

夏のてっぺんはもうだいぶ過ぎたのだろう。
 
朝晩の風は涼しく、
 
夏の強い日差しはここのところみられない。
 
真っ赤だったサルビアも少し色あせて、
 
ビンビンだった頃がすでになつかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい麻婆豆腐見っけ!

160813

同僚に連れて行ってもらって、
 
オフィス近くの美味しい麻婆豆腐のランチへ。
 
「最初は普通のにしておいたら?」という忠告を振り切って、
 
本格的なのにグレードアップ。
 
山椒がしっかり効いていて美味しい辛さと痺れる感じで大満足。
 
実はもう一ランク上もあったのだけど、それは次回のお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは、きっと、あぶないお酒(笑)

160812

スーパーでちょっと物色していたら、
 
こんなお酒が並んでいました。
 
これ、きっと、、あぶないお酒ですよね?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散水

160811

暑くて雨が降らないと、欠かせないのが水撒き。
 
人手でまんべんなくやるのは大変と、
 
散水の用具があれこれ売られている。
 
これは、今住んでいるマンションで何年か前に購入・設置したもの。
 
果たしてどれぐらいもつものかわからないけれど、
 
とりあえず、今年も活躍してくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃらら、しゃらら、と

160810

強風の影響で花はだいぶ落ちてしまったけれど、
中にはまだしっかりしがみついている花もある。
 
受けた風を、しゃらら、しゃらら、と受け流し、
そこに生き残る姿は、こうやって見る者に感動を与える。
 
いつまで、どんな風に生きられるかわからないけれど、
与えたれた時間をしっかりと生きたい。
 
今は、ただ、それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪しい空の下で

160809

平日の夕方に六本木に来るのは本当に久しぶり。
 
さすがに人通りは少なめだったけれど、
それでもやっぱり六本木だ。
 
怪しげな空の下、
怪しげ、すなわち、楽しげな集い。
 
同じ時間を共有するなら、
やっぱりワクワクするのがいい。
そんなこんなで意気投合した7人の行方はいかに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀でオーロラを見る?!

160808

1608081
 
1608082
日本でオーロラを見ることができる、
しかも横須賀で…となれば、
これはもう行くしかない。
 
もちろん、仕掛けは本物とは全く違っていて、
煙を人力でもくもくと焚きそこにレーザー光線を当てる、
というシンプルなもの。
 
ただ、シンプルゆえの手作業が凄まじく、
また風向きと風力によって、
二つとして同じものは見ることができないという。
今日の風はなかなか好都合だったらしく、
とてもきれいな”オーロラ”を見ることができたようだ。
 
場所は横須賀の先っぽ、長井海の手公園ソレイユの丘
なつかしい風景の中にも、
地域密着型に変わってからの
新しい試みやイベントが満載。
 
このオーロラびゅ~ナイトもその一つ。
期間限定イベントだけど、また冬にもあるらしい。
さあ、寒いのが苦手な私を、このオーロラは
引っ張り出すことができるかどうか(笑)
 
ともあれ、楽しくて面白い夜に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタルイカの沖漬け

160807

見た目にキレイ!
 
そして、
 
美味しかった!
 
もうそれだけで、
 
しあわせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学生になっても?!

160806

1608061
娘が大学生になり家を出てから4カ月余り。
 
在校生の保護者(+在校生)向けの集いがあるとのことで、
金曜日の昨日、長野市のキャンパスへ。
 
現在は松本キャンパスに通う娘と駅で待ち合わせをして向かった。
 
「そういえば約1年前のオープンキャンパスもこんな暑い日だったね」
「あのときはまだここに来ると決めてなかったよ」
…などと話しながら。
 
内容は、オープンキャンパスとそっくり。
えっ、大学生になっても
保護者向けにこれやるの?!と
正直ビックリしながら、
就職状況の話を聞いたり、研究室を見学したり。
 
ふと、自分が学生時代に戻った気分に浸りながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖いものを見たような気がして…

160805

一瞬怖いものを見たような気がした。
 
それでも目を伏せずしっかりこの目で見る。
 
そしてしっかりと記憶に残す。
 
たとえそれが何になろうとも。
 
何の役にも立たないとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、あそこで降ってるなぁと…

160804

1608041
局所的ゲリラ豪雨。もしくは、スコール。
 
ビルの高いところから眺めていると、
 
その集中している場所がはっきりわかる。
 
亜熱帯のような、
 
どこかの映画のシーンのような、
 
そんな気分でついつい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは常備したい>桃屋のきざみしょうが

160803

「これ、このままご飯や冷ややっこにかけてもいいし、
ちょっとした炒め物なんかにも合うよ!」
 
すすめられて味見したら、
 
「これはいい!!」
 
すったのと違い、刻んだ生姜がピリッとしている。
菜種油に包まれたそのお味もいい。
 
ちょっとスーパーで買ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕景

160802_2

さんざん荒れた後の空。
 
青みを含んだ墨絵のような夕景。
 
それを見ているちっちゃな私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刻々と変わる空模様

160801

見ごたえのある雲の流れとせめぎ合い。
 
ここは南の島か?と思えるようなスコール。
 
しかも断続的に。
 
東京に居ながらにして…いや、冗談ではなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »